公益社団法人石川勤労者医療協会

公益社団法人石川勤労者医療協会 城北病院

厚生労働省指定基幹型臨床研修病院 第2種社会福祉事業無料低額診療実施施設
076-251-6111

〒920-8616 石川県金沢市京町20-3

平成27年度 石川勤労者医療協会 城北病院 病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 155 40 42 45 137 243 590 744 831 318
全体の平均年齢は、69歳。男性平均65.8歳、女性平均72.6歳でした。
平成26年度と比較して、年齢階級の分布に大きな変化は見られません。
0~9歳の患者が多い理由として、当院では食物アレルギーに対して入院での負荷試験を年間100件以上行っていることがあげられます。
当院では、いつでも誰でもかかれる病院。救急の受け入れを断らない病院を目指しています。安心して医療が受けられるよう、一般急性期病棟・回復期リハ病棟・医療療養病棟・地域包括ケア病棟を有しており、急性期治療から慢性期療養期まで対応できます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科 診療科コード:010
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040080XX099X0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 196 19.27 14.34 0.51 76.47
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 172 32.15 21.69 0 85.00
110310XX99XXXX 腎臓または尿路の感染症  94 23.61 12.60 3.19 78.00
肺炎・誤嚥性肺炎は、全国平均在院日数に比べると自院平均在院日数は長くなっております。当院では、急性期での治療を終え症状が一定安定した後必要な方には、リハビリや在宅調整をする病棟に移っていただいています。
外科 診療科コード:110
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060210XX99000X ヘルニアの記載のない腸閉塞 26 9.88 9.17 3.85 71.92
060330XX02XXXX 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 17 7.06 6.96 0 63.24 あり
060035XX0100XX 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 14 21.64 17.41 0 78.36 あり
外科系疾患は、クリニカルパスを積極的に使用しているため、在院日数は全国平均と比べても大きな差はありません。
整形外科 診療科コード:120
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折  36 79.89 28.70 0 82.50
070370XX99XXXX 脊椎骨粗鬆症 18 60.11 24.28 0 81.67
160760XX97XX0X 前腕の骨折 - - 5.70 0 -
大腿骨の骨折や、脊椎圧迫骨折は平均年齢が80歳を超えています。また、当院では急性期治療後、転院することなく回復期リハビリ病棟や医療療養病棟でリハビリ等実施しています。そのため、退院までの日数は全国に比べて長くなっています。
患者数が10に満たない項目は表示されていません。
泌尿器科 診療科コード:310
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110200XX02XXXX 前立腺肥大症等 11 12.73 10.25 0 73.82 あり
110070XX0200XX 膀胱腫瘍 - - 7.59 0 -
11012XXX97XX0X 上部尿路疾患  - - 6.90 0 -
2015年度泌尿器科医師の着任に伴い泌尿器疾患の入院治療が可能となりました。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。
小児科 診療科コード:100
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
080270XXXX0XXX 食物アレルギー 125 2.17 2.63 0 5.72 あり
040080X1XXX0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 21 4.05 5.72 0 3.57
040100XXXXX00X 喘息  - - 6.31 0 -
食物アレルギーは、入院での負荷試験を年間100件以上行っています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - 12 12 - - 1 7
大腸癌 - 12 21 24 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 13 - 17 18 - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約

胃がん・大腸がん・肺がんが多いです。また、乳がん・肝がんの治療もおこなっています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度0 47 17.04 74.43
重症度1 76 18.07 75.28
重症度2 66 29.70 81.58
重症度3 21 30.81 75.62
重症度4 - - -
重症度5 - - -
不明 - - -
重症度が高くなるにつれ、平均在院日数も長くなっています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 22 86.0 0
その他 - 37 74 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 78 67.03 79.10 2.56
その他 37 1.97 73.43 5.41
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - 0 0 0
当院は、回復期リハビリ病棟(主に脳卒中や脚・背骨の整形外科の病気の方がリハビリテーシ ョンを行いながら、自宅退院を目指す病棟)を有しているため、脳梗塞の方は急性期治療が落ち着いたら、回復期リハビリ病棟にて入院治療継続していただいています。
※患者数が10に満たない項目は表示していません。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

内科 診療科コード:010
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 56 5.39 7.41 0 69.04 あり
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 48 45.5 77.77 2 81.92 あり
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 26 63.54 69.54 8 79.04 あり
当院は、高血圧や糖尿病といった慢性疾患の管理に積極的に取り組んでいます。必要な方に、カテーテル治療ができる体制をとっております。
食事が口から食べられなくなった方の受け入れもしているため、胃ろう手術が2位となりました。また、腕の血管から点滴ができなくなった方も多いため、埋め込み型カテーテル手術が3位となりました。
外科 診療科コード:110
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 1 3.85 0 65.81 あり
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 19 1.21 5.11 0 62.11 あり
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) 18 17.94 21.89 6 67.61
鼠径ヘルニア手術・胆のう摘出手術はクリニカルパスを使用しています。
整形外科 診療科コード:120
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 35 4.11 75.2 0 85.26
K0591 骨移植術(軟骨移植術を含む)(自家骨移植) 11 9.73 57.73 0 68.64
K0821 人工関節置換術(膝) 11 12.45 47.36 0 71.82
大腿骨骨折は、平均年齢が85歳と高齢です。術後日数が長くなっているのはリハビリを一定期間実施するためです。
泌尿器科 診療科コード:300
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) 13 1.31 10.62 0 74.38 あり
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 2 3.67 0 80.67
K830 精巣摘出術 - 1 7.75 0 77.25
2015年度泌尿器科医師の着任に伴い泌尿器疾患の入院手術が可能となりました。各種検査も可能となりました。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 59 1.87
異なる 14 0.44
手術・処置等の合併症で最も多かったのは、透析シャント閉塞・狭窄でした。当院は、透析治療を実施しておりシャントトラブルについても当院で入院治療をしています。泌尿器科医師の赴任に伴い、尿路カテーテルによる尿路感染症についても当院での治療件数が増えています。外科的手術による合併症は10件未満でした。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

更新履歴

2016年9月27日 病院指針情報を公開。
関連ページ
外来診療時間(城北診療所) 受付・診療時間は各科によって異なります。
午前

9:00~12:30

(受付時間 8:35~12:00)
午後・夜間

14:15~19:00(木・土 休診)

(受付時間 14:00~18:30)
お問い合わせ
お電話から(城北病院代表)
076‐251‐6111
Webから