公益社団法人石川勤労者医療協会

公益社団法人石川勤労者医療協会 城北病院

厚生労働省指定基幹型臨床研修病院 第2種社会福祉事業無料低額診療実施施設
076-251-6111

〒920-8616 石川県金沢市京町20-3

平成29年度 石川勤労者医療協会 城北病院 病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 179 33 21 28 128 205 509 729 902 405
退院患者数合計3139人。平均年齢70.59歳。男性平均66.32歳。女性平均74.66歳。昨年度と比較し、80歳以上の患者数がさらに増加しました。
当院では、いつでも誰でもかかれる病院。救急の受け入れを断らない病院を目指しています。
安心して医療が受けられるよう、一般急性期病棟・回復期リハ病棟・医療療養病棟・地域包括ケア病棟を有しており、急性期治療から慢性期療養期まで対応しています。
幅広い患者さまの受け入れが可能です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科 診療科コード:010
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 手術なし 146 31.86 20.83 0.68 84.7
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 89 26.21 12.34 0 83.26
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患(心臓カテーテル検査) 78 3.53 3.03 0 67.62 あり
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患(経皮的冠動脈形成術) 40 9.75 4.62 0 71.5 あり
110310XX99XX1X 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病あり 30 31.53 22.60 0 84.77
今年度は、尿路感染症が増加しました。平均年齢も、前年度より4.52歳高くなっています。
5番目に多かった尿路感染症と誤嚥性肺炎の両方を発症した患者数と合わせると、119名となります。
誤嚥性肺炎も尿路感染症も、平均年齢が80歳を超えています。
外科 診療科コード:110
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060210XX99000X 腸閉塞 手術なし 27 16.7 8.98 3.7 71.7 あり
040040XX97X0XX 肺の悪性腫瘍 手術あり 14 16.79 12.35 0 69.64 あり
060102XX99XXXX 憩室性疾患 13 6.23 7.87 7.69 55.92
060335XX02000X 胆のう炎 手術あり 13 7.92 7.40 0 70.62 あり
060020XX99X00X 胃の悪性腫瘍 手術なし 13 22.83 11.11 25.0 79.33 あり
昨年と比較して、胃がん・肺がんの手術が増加しました。肺がんの平均年齢は69歳と比較的若い年齢となっています。
当院では、クリニカルパスを積極的に使用しています。クリニカルパスとは、疾患別に入院から検査、手術、退院までのタイムスケジュールを作成し、それに従って治療を実施することを言います。
小児科 診療科コード:100
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
080270XXXX0XXX 食物アレルギー(減感作療法) 142 1.84 2.54 0 6.15 あり
150010XXXXX0XX ウイルス性腸炎 14 3 5.50 7.14 5.43
040090XXXXXX0X 急性気管支炎 10 4.1 5.94 0 1
0400801199XX00X 肺炎(15歳未満) - 3.56 5.70 0 2.89
040070XXXXX0XX インフルエンザ - 3.8 6.03 0 4.4
当院の小児科は、5名の医師が担当しています。
食物アレルギーは、入院での食物負荷試験を積極的に行っています。
近隣の開業医からの紹介入院も積極的に受け入れています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。
整形外科 診療科コード:120
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160800XX01XXXX 股関節・大腿骨近位の骨折(人工骨頭挿入術) 50 60.46 27.09 0 84.02
070370XX99XXXX 脊椎骨粗しょう症 18 43.78 22.44 0 83.33
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎骨折損傷 15 43.13 19.94 0 77.87
160980XX99X0XX 骨盤損傷 10 56.7 19.97 0 82.8
070230XX010XXXX 膝関節症(人工関節手術) - 71.17 25.09 0 77
大腿骨の骨折や、脊椎圧迫骨折は平均年齢が80歳を超えています。
また、当院では急性期治療後、転院することなく回復期リハビリ病棟や医療療養病棟でリハビリ等実施しています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。
泌尿器科 診療科コード:310
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
11012XXX97XX0X 上部尿路疾患 手術あり 28 5.32 7.20 0 87.14
110070XX99X0XX 膀胱腫瘍 11 1.55 10.24 9.09 77.36
110070XX0200XX 膀胱悪性腫瘍 手術あり - 7.17 7.31 0 83
110200XX02XXXX 前立腺肥大症 手術あり - 18.2 9.73 0 77.2 あり
11013XXX99XXXX 下部尿路疾患 - 3 9.44 0 67.25
膀胱尿道鏡検査や前立腺検査を積極的に実施しています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 - 12 16 - - 1
大腸癌 - 13 21 40 - - 1
乳癌 - - - 0 - - 1
肺癌 - - - 30 - - 1
肝癌 0 0 - - - - 1

※1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約

胃がん・大腸がん・肺がんが多いです。また、乳がん・肝がんの治療もおこなっています。昨年度と比較して肺癌stageⅣが増加しました。。化学療法も積極的に実施してます。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 60 22.2 74.87
中等症 90 28.12 79.05
重症 13 21 76.38
超重症 - - -
不明 0 0 0
昨年度と比較して、患者数が増加しました。平均年齢も全体的に下がっています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 62 64.98 80.35 1.61
その他 30 2.63 79.07 3.33
昨年度と比較して、患者数が増加しました。平均年齢も高くなっています。
当院は、回復期リハビリ病棟(主に脳卒中や脚・背骨の整形外科の病気の方がリハビリテーシ ョンを行いながら、自宅退院を目指す病棟)を有しているため、
脳梗塞の方は急性期治療が落ち着いたら、回復期リハビリ病棟にて入院治療継続していただいています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科 診療科コード:010
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 53 6.85 35.17 0 71.32 あり
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 38 24.03 92.84 0 73.34 あり
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 35 9.66 7.6 0 69.89 あり
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 35 35.63 115.2 8.57 80.14 あり
K654 内視鏡的消化管止血術 26 8.35 34.38 0 77.31
当院は、高血圧や糖尿病といった慢性疾患の管理に積極的に取り組んでいます。必要な方に、カテーテル治療ができる体制をとっているため、カテーテル治療が上位を占めました。いずれも、患者数が増加しています。
外科 診療科コード:110
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K972-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34 1.91 7.74 0 70.09 あり
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 24 1.58 3.08 0 70.25 あり
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 18 5.78 13.5 0 72.78 あり
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 4.63 14 0 77.19
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13 4.23 10.38 69.23 66.85 あり
鼠径ヘルニア手術・胆のう摘出手術はクリニカルパスを使用しています。内視鏡的治療も積極的に行っています。
整形外科 診療科コード:120
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 45 3.02 63.56 0 86.04
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 5.88 55.35 0 80.71
K0821 人工関節置換術(膝) 16 13.13 59.5 0 73.25
K0821 人工関節置換術(股) - 6.2 47.8 0 68.4
K0462 骨折観血的手術(前腕) - 6 57 0 78.25
大腿骨骨折は、平均年齢が86歳と高齢です。患者数も増加しています。転院率が0%の理由に、当院は、急性期治療が落ち着いたら、回復期リハビリ病棟(脚・背骨の整形外科の病気の方がリハビリテーシ ョンを行いながら、自宅退院を目指す病棟)にて入院治療継続していただいていることがあげられます。
※患者数が10に満たない項目は表示していません。
泌尿器科 診療科コード:310
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置 32 1.25 3.34 0 86.06 あり
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的しゅじゅつ)(電解質溶液利用のもの) - 1.57 5.43 0 83.29
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用のもの) - 7.4 9.8 0 77.2
K797 膀胱内凝血除去術 - 1 5 0 84
K805 膀胱瘻造設術 - 0.5 10.5 0 70.5
2015年度泌尿器科医師の着任に伴い泌尿器疾患の入院手術が可能となりました。各種検査も可能となり、検査で発見された疾患の入院治療も行っています。尿管ステント留置は、定期的な交換が必要なため患者数が多いです。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 0 0
異なる - 0.07
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 0 0
異なる 25 0.86
手術・処置等の合併症で最も多かったのは、透析シャント閉塞・狭窄でした。当院は、透析治療を実施しておりシャントトラブルについても当院で入院治療をしています。
※患者数が10に満たない項目は表示されていません。

更新履歴

2018年9月28日 平成29年度病院指標情報を公開。
関連ページ
外来診療時間(城北診療所) 受付・診療時間は各科によって異なります。
午前

9:00~12:30

(受付時間 8:35~12:00)
午後・夜間

14:15~19:00(木・土 休診)

(受付時間 14:00~18:30) ※午後の小児科受付は
15:30からとなります
お問い合わせ
お電話から(城北病院代表)
076‐251‐6111
Webから